2014年04月18日

マンガ本で気づかされた事

毎月読んでるマンガが有るんだけど
動物病院がテーマ(犬のお医者さんじゃないよ)
今回のテーマが「終末医療」

癌になったわんことどう向き合うか 最後をどう看取るか
前にも書いたけど 花子の時は病院で亡くなって
龍ちゃんは死に目に会えたけど意識は無くて

まるだけは好きな家で母で有る私が看取ってあげたいと
そして出来るだけ苦しまずに・・・
本では一番理想的な「最後」 それでも飼い主には後悔が付きまとうみたいな
ペットロスにも陥ると

確かにね。ペットロスには浸かってるけど
後悔は無いのかなぁ〜と思う。苦しまず どちらかと言えば「眠る」に近かったし
何より膝枕で撫でながら看取ってあげられた
そんな最後を迎えさせてもらえた事に感謝さえ覚える

マンガ本でホォ〜と思いながら読んだの久しぶり

さて話しが変わって昨日 あずきの用品がまたまた到着
サークル ベット つけ置きできる水飲み
母でも簡単にサークル組み立てられた〜〜
後はフードを何を食べてるか聞かないとね
切り替えするにしても一気だと負担になるだろうし

DSCN1165[1].jpg
まる大好きだよ。

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村
読んでくれてありがとう。出来たらポチっとなm(_ _)m

ニックネーム 龍母 at 04:31| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字